日本の包丁

今回、包丁作り体験に行くまで知らなかったことがありました。
日本の包丁は片刃、海外の物は両刃と言う事です。

図1 片刃と両刃

図1 片刃と両刃

上の図で、左が片刃で、右が両刃です。

大根の桂剝きをする時に、綺麗に剝けるのは片刃だからだそうです。
片刃は、切り口の細胞を傷つけにくい(摩擦が少ない)ので、味にも影響があります。

その為、研ぎ方はこれを意識して研ぐように説明を受けました。
間違っても100均の物では研げません。

そうそう、包丁作り体験はこちら(藤井刃物製作所)で受けました。
刃物なので怖い方かと、お伺いするまで緊張していましたが、そんな事は全くなく、丁寧に教えて下さり、楽しかったです。
少し分かりにくい場所ですが、表通りにはコインパーキングもありました。