私に子供が誕生しました。
妻には感謝しかありません。

子供は欲しかったですが、様々な事情があるのが人間。
子供に縁のないまま生きてきました。
妻が自身の年齢もあって、迷いながらも子供を欲しがりました。

市販されている妊娠検査薬の精度がかなり良くなったようで、妻が妊娠したと言ったら医者も信じていました。
これと言った実感の無いまま生活していましたが、妻のつわりや機嫌で妊娠したことを感じるようになりました。

年齢的に40代半ば。
子供を育てられるのか。
経済的にやって行けるのか。
子供は父が白髪のおじいさんである事を悲しまないか。

不安はつきません。

誕生の時。
すぐには出て来れず、もう少し、もう少しと母子ともに頑張っていました。
私はただ傍にいるだけ。
この世に生まれてきた時には、私は分けも無く涙が出ていました。

無事に生まれてくれてありがとう。
無事に生んでくれてありがとう。

小さな女の子でした。
体重:2,580g
身長:44.4cm